『オデュッセイア』ホメーロス

『2001年宇宙の旅』(原題:2001: A Space Odyssey)映画 一点透視投影エンターテインメント

基本情報
著者:ホメーロス
ジャンル:叙事詩
出版者:デメトリオス・チャルココンディレス
出版:1488年
形成:紀元前8世紀

『オデュッセイア』

作品紹介 

映画監督スタンリー・キューブリックは、古代ギリシャ文学『オデュッセイア』にちなんで、映画に『2001年宇宙の旅』というタイトルを使うことにした。

キューブリックは、今日の人々が宇宙に対して感じるのと同じ謎と遠隔をギリシャ人は広大な海に感じたに違いないと述べた。

『オデュッセイア』は、最もよく知られる古代ギリシャの叙事詩の一つだ。紀元前8世紀のホメーロスの作品と言われている。物語は何世代にもわたって口承で伝えられてきた。アテネの学者であるデメトリオス・チャルココンディレスが、1488年に初めて『オデュッセイア』を印刷物で出版した。

プロット

物語は、イサカの王オデュッセウスがトロイア戦争後に帰国する10年間の旅を追う。オデュッセウスは次々と困難に直面し、全ての兵士を失う。オデュッセウスは、彼の帰国を妻ペーネロペーと息子テーレマコスが待っているにもかかわらず、死んだものと見なされている。その間、ペーネロペーには、100人以上の男がアプローチし、プロポーズする。

オデュッセウスは密かにイサカの故郷に戻り、物乞いの振りをして家族の周りで何が起こっているのかを調べる。ペーネロペーは、アテナの助けを借りて、求婚者のためのアーチェリー大会を開催する。オデュッセウスは、自分の身元を隠して参加する。オデュッセウスは難なく大会に勝利し、全ての求婚者を殺戮する。

ペーネロペーは、20年以上も夫に誠実であり続けてきた。オデュッセウスは、妻と父親に帰国を告げる。イサカは、ついに再び平和な日々を取り戻す。

著者:長田拓也 Takuya Nagata Amazon Profile

小説作家、クリエーター。ブラジルへサッカー留学し、リオデジャネイロにあるCFZ do Rio(Centro de Futebol Zico Sociedade Esportiva)でトレーニングに打ち込む。日本屈指のフットボールクラブ、浦和レッズ(浦和レッドダイヤモンズ)でサッカーを志し、欧州遠征。若くして引退し、単身イングランドに渡り、英国立大学UCAを卒業。スペイン等、欧州各地でジャーナリスト、フットボールコーチ、コンサルタント等、キャリアを積む。クリエーティヴ系やテクノロジー畑にも通じる。ダイバーシティと平等な社会参加の精神を促進する世界初のコンペティティヴな混合フットボール「プロプルシヴ・フットボール」(プロボール)の創設者。

https://www.amazon.co.jp/-/e/B08Q4JPWRN
https://twitter.com/nagatackle
https://www.instagram.com/nagatackle/
https://www.facebook.com/takuya.nagata.794
https://www.linkedin.com/in/takuya-nagata-5730b069/

©Warner Bros. Entertainment Inc.

Home » 『オデュッセイア』ホメーロス