『前哨』(原題:The Sentinel)

『2001年宇宙の旅』(原題:2001: A Space Odyssey)映画 一点透視投影エンターテインメント

基本情報
著者:アーサー・C・クラーク
ジャンル:サイエンス・フィクション
収録:テン・ストーリー・ファンタジー
出版社:エーボン・ペリオディカルズ
出版:1951

『前哨』

作品紹介

『前哨』は、1968年の映画と小説『2001年宇宙の旅』のアイデアを発展させる主な資料として使用された。『前哨』と『2001年宇宙の旅』には類似点がある。

しかし、大部分は異なる。 したがって『前哨』は『2001年宇宙の旅』の原作とは見なされない。ストーリーの詳細は異なるが、広範の世界観の設定は、ほぼ同じだ。

『前哨』(原題:The Sentinel)は『Sentinel of Eternity』として最初に出版された。雑誌『テン・ストーリー・ファンタジー』(10 Story Fantasy)が、1951年に発行された。『前哨』(Expedition to Earth)が、1953年に出版された。『90億の神の御名』(The Nine Billion Names of God)は、1953年に出版された。また、1972年に出版された『失われた宇宙の旅2001』にも収録されている。

映画への適応

ピラミッド型の人工物が、映画『2001年宇宙の旅』では、黒いモノリスに置き換えられた。

また、場所が危難の海から月のクレーター・ティコに変更された。

プロット

ピラミッド型のアーティファクトが月で見つかる。これは、謎の異星人が遥か昔に置いたものだ。 堆積した塵は、岩のような人工物が宇宙に信号を送っていることを示唆している。

原爆攻撃で破壊され、信号の送信が止む。

月に遺された構造物は、知的な存在が地球上で進化することの印の可能性が示唆される。

『ザ・センチネル』(コレクション)

基本情報
著者:アーサー・C・クラーク
ジャンル:サイエンス・フィクション
出版社:バークレー・ブックス
出版:1983

1946年から1981年の間に作られたアーサー・C・クラークの短編小説が収録されている、同じタイトル『ザ・センチネル』(原題:The Sentinel)のアンソロジーが、1983年に出版された。

本書では『前哨』(The Sentinel)、『月面の休日』(Holiday on the Moon)、『地球光』(Earthlight)、『太陽系最後の日』(Rescue Party)、『守護天使』(Guardian Angel)、『破断の限界』(Breaking Strain)、『ジュピター・ファイブ』(Jupiter V)、『難民』(Refugee)、『 太陽からの風』(The Wind from the Sun)、『メドゥーサとの出逢い』(A Meeting with Medusa)、『遥かなる地球の歌』(The Songs of Distant Earth)といった物語を見ることが出来る。

著者:長田拓也 Takuya Nagata Amazon Profile

小説作家、クリエーター。ブラジルへサッカー留学し、リオデジャネイロにあるCFZ do Rio(Centro de Futebol Zico Sociedade Esportiva)でトレーニングに打ち込む。日本屈指のフットボールクラブ、浦和レッズ(浦和レッドダイヤモンズ)でサッカーを志し、欧州遠征。若くして引退し、単身イングランドに渡り、英国立大学UCAを卒業。スペイン等、欧州各地でジャーナリスト、フットボールコーチ、コンサルタント等、キャリアを積む。クリエーティヴ系やテクノロジー畑にも通じる。ダイバーシティと平等な社会参加の精神を促進する世界初のコンペティティヴな混合フットボール「プロプルシヴ・フットボール」(プロボール)の創設者。

https://www.amazon.co.jp/-/e/B08Q4JPWRN
https://twitter.com/nagatackle
https://www.instagram.com/nagatackle/
https://www.facebook.com/takuya.nagata.794
https://www.linkedin.com/in/takuya-nagata-5730b069/

©Warner Bros. Entertainment Inc.

Home » 『前哨』(原題:The Sentinel)